思春期ニキビと大人ニキビの違い

手荒れ予防に必要なこと

手荒れ予防に必要なこと

冬になると手が乾燥して手荒れになります。ひどい人は皮膚が固くなって、そこがパキッと割れて血がでることもあります。皮膚が固くなった傷口は治りにくいし、さらに乾燥と水仕事などで手荒れが進み、悪循環を繰り返します。そうならないためにも、水仕事をした後やお風呂からあがった後はハンドクリームなどの保湿クリームを肌に塗ってあげることが大切です。
ハンドクリームのべたつきが嫌で塗らない人がいますが、べたつきが気にならないさっぱりタイプのクリームも販売しているので、自分に合ったハンドクリームを見つけることが重要です。私のお勧めのハンドクリームはシアバターが配合されたハンドクリームです。使用感は少しこってりしていますが、潤いや保湿力は一番です。不明確な点がありましたら手荒れのサイトをご覧ください。

 

水よりもお湯の方が肌を乾燥させやすいそうなので、お風呂上がりの保湿は大事だし、肌が濡れていると、蒸発するときに肌の水分ももっていかれるので、手を洗ったらしっかりと水気を拭くことが手荒れ予防に大事です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ